17回フォーラム

今回のテーマは、「視覚障害の告知」です。
視機能の改善が見込めないとき、眼科医は患者さんにどう向き合い、障害(あるいは失明)の告知をどう行ったらよいのか、その上で、
視覚リハにどうつなげていけるかといったお話を、この分野での第一人者でおられるお二人の先生からお聞きし、皆さんとともに考えました。


1.会期:平成28年7月10日(日) 午前10時~午後1
                                           受け付け開始 午前9時半より

2.会場:郡山市 総合南東北病院 大講堂

3.テーマ:「視覚障害の告知」

   講演1:「視覚障害の告知について考える」

     国立障害者リハビリテーションセンター病院
              第二診療部 清水朋美先生

     講演2:「視覚障害の告知とロービジョンリハビリテーション」
       
北九州市立総合療育センター
                眼科 高橋 広 先生

4.参加費:500円 事前登録は不要です。

5.機器展示。


トップページに戻る