第10回フォーラム

「視覚障害と相談支援 ~福島県の現状と今後~」

 

東日本大震災から3年が過ぎ、時の流れの早さを痛感しております。震災後にネットワークとして、視覚障害の方のための相談窓口を立ち上げたものの、思うようにお役に立てなかった悔しさも思い出されます。しかし一方では、見えにくく困っていることをどこかに相談したいと思っている当事者の方、御家族、そして医療関係者がまだまだ多いこともわかってきました。そのようなこともあり、今回のフォーラムでは、福島県における視覚障害に関する相談支援がどのように行われてきたかを振り返り、問題点を検討し、今後につなげたいと思っています。

 福島県ロービジョンネットワーク   

代表  八 子 恵 子 

1.会期:平成26316日(日) 午前10時~午後1

2.会場:郡山市 総合南東北病院内 大講堂

3.テーマ:「視覚障害と相談支援 ~福島県の現状と今後~」

講演1.福島県における相談支援の現状

      講演は以下のロービジョンネットワーク構成団体から(順未定)

       福島県障がい者総合福祉センター      

       福島県立盲学校             

       福島県視覚障がい者生活支援センター 

       日本盲導犬協会仙台訓練センター 

       にじの会

       福島県ロービジョンネットワーク事務局

     郡山市障害者福祉センター(資料のみの提出)

講演2.特別講演

     「障害の告知から始まる視覚障害リハビリテーション 

-視覚障害者の社会参加を促進するために- 」

元佐野短期大学教授、日本ライトハウス理事    日比野 清様



前のページに戻る